鏡面

 

実に久々の「鏡面」バフを拝見しました。 ^^

 

綺麗ですねぇ♪ 

 

 

 

ゼファー1100様のヘッドカバーです。

 

メッキですと、放熱性に懸念が有りますし、メッキが割れると貧相なので、バフ研磨加工を依頼しました♪ 

 

プロの鏡面バフポリッシュは違いますねぇ♪

 

中途半端に私の様な素人が持つ道具で後から手を加ようとすると、線傷が入り、結果曇ります... 

 

それほど仕上がってる面って事ね。^^;

 

 

 

そして、プロの鏡面は、くすみ難いです。 

 

 

 

ゼファー1100茶タイ・メガホン号様が良い例で、お手入れは偶にワックスするくらいです。

 

 

 

お父さん達が、限られたお休み中にセッセと磨いた物も、味で素敵ですけど、ケアに翻弄されがち。

 

私が磨いても其れ等とべらぼうには変わりません。 ^^;

 

 

 

今回は、ヘッドカバーですからね...

 

奥は手が入りにくいですから、事後のケアも考慮して、少し濁る事を前提に、コーティングをしました♨

 

コーティングの耐熱性が如何程か、経過を観て行きましょう♪ 

 

しかし見とれるなぁ...♨ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


施工前の工程を書きましょうか。

先ず、多くの素材は塗装膜やアルマイトで覆われて居ますので、剥離作業が必要になります。

今回は、薬品で塗装を剥がします。

地味に大変で、材に傷が入らない様に、ガシガシ磨く? 感じです。











おスッピン状態です。


鋳物は、「ス」が有りますから、プロのバフにしても、アルマイトにしても、とかく粗が出がちなので、成形時の純正品に有る粗は、成るべく均して出すのがマナー。


バフ処理も大変な御仕事で、ペイント同様に仕上がり質と、価格のバランス、納期は各社様々です。

料金帯は「大体」と言う物がありますがね、、、。

そうした、水物、ナマモノに近いですので、車体やお客様の要望に応じて、依頼先選定や、先様との関係性も大事な事として居ます。

昔誰かが言ってました。 誰がやっても大変で面倒な事は安く成らない。 と。

格言めいた有難いお言葉です。 ^^;

 

 

 

 


バフ屋さんからの完成報告画像です。

綺麗ですねー♪ 

専業のバフは、家庭用道具で出せない、様々な特色が有ります。 

此処までの照りは、身近手頃なハンドツールでは無理です...。

ココから、仕事を越えた趣味や癖の域に近い部分に詰め処理をして、前述の様にコーティングをして行きます。

詰めに使います剤は、カスタムペイント塗面の最終仕上げ用のリキッドです。

それでも塗膜同様に、磨く(研く)と傷が入る場合が有りますが、その辺は粗度とのバランスだったり、加減っちゅーか、アンバイっちゅーか、何ちゅーかです。(*´-`)


綺麗なバフは、メッキより深みが効いて高質ですねー♪

大変だけど♨︎


 

 

 

 

うぅぅん...

 

 

これ以上、周辺部品組付けたくない...  

 

 

 

なんて情動に駆られます。 (;^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〒193-0824

 

東京都八王子市長房町714-1

(ナビ御使用時は、714で御越し頂けます)

     

携帯直通IP/050-3690-4173

 

E-Mail: mellow011134@gmail.com 

 

東京公安

308761102759号 

中川 鉄兵

営業時間


不定休

店舗外業務に出る事が御座いますので、お手数ですが御越しの際は一報をお願い致します。お気軽にどうぞ♪ 

 

車両出入り、クイック作業の無い時は、通り側シャッターを開けていません。 側道側入口より御立ち寄りください。