ZRX1200


また巻けました♨︎ 


先ずは一台目のZRX1200

T-REV外すとビッチャビチャ...

ブローバイ溜まって居ました。

ウチでは一番直近で組んだT-REV車ですので、車種や配管にも寄りますが、皆さん機能を適正に保つ為にも適時点検しましょうね。

さて置き

スプロケケース付近からのオイル漏れとの事から、ZRXあるあるなので、ミッションカバーシールの交換を済ませた晩

パッキン乾かしつつ、オーナーさんの症状説明を思い返すと、、、

他の箇所も疑えるなぁと思い、既に翌日のお引渡し時間が決まって居た為、翌朝は早目に事後チェックを開始。






冷却ファンを何度か回し完温状況を確認すると、、、

オイル漏れ、、、

まさか見落とした? 




やはりWP周辺は大丈夫そうだ。

と、お漏らし箇所を探ります。



オイルがつたった先はドレン付近。

オイルパンの一番底だから必然。 

アルミドレンなんです。

コレも稀にクラックなんかが入ってダメになる。

クラッシュワッシャーも変わってそうだし、加温で滲む事は然程無い。

直近でオーナーさんオイル変えてるらしい。

まぁマニュアル通りぐらいの事は出来るだろうと疑う事無く。

何処だろーなー





オイルフィルターケースからだ、、、

あり得る。

ゴムパッキンですからね。

加温したら出るパターン。

この純正マフラーは、フィルターケースが脱着し難いと言う事も有る様。

手順も物を言いそうな作業。

仕方ないからオイル抜きました。

トホホ感♨︎ 





コレっぽいな、、、

な画像。

流石に組み手順等構成は間違えて居ないし、パッキン類は純正新品らしい。

正にマニュアル通り

正しい。


其れでは直らない事がまま

だし、今回の事は私にも起こり得る。 かも。

洗うから無いかも。笑

何せ漏れた事実起因ですからね。 

セカンドオピニオン的な事


Oリングが気持ち細くて薄い

生産ロットなんかにも寄るだろうから、品番の数字に頼り切らず、純正新品だとて疑って良いとは先人の知恵。

シャフトOリングは平気そうだけど、ゴミを噛んでた。

もう一回洗って、ケースOリング
は変えて、座面腐食を落としてから組む。

と、漏らなくなったから良しとしました。

良かった。

エンジン下周りを泥だらけにしてたら尚分かりにくい。

から洗うんです。

外した部品も。 

基本です。

別にボディが綺麗だとかは感心しないけど、下周りや細部が綺麗だと嬉しい。

そう言う意味一番綺麗な車両は青いニンジャ様。

解ってるなぁって愛情感じる綺麗さ。

とかくオイル変えた! って方で、もっとちゃんと洗わないとダメすよー

って言われたチョイ漏れ世代の方が他にも居ますので、セルフでやる時はこう言う事にならない様にして下さーい。

此方のZRX様は様子を見ていただきつつでお引渡し。


有難う御座いました。

車両変わって、MJN ZRX様が入庫

エーテックのアンダーの、デカール貼りと研磨ポリッシュがセルフで完了したそうで付けました。

柚子肌も消えて良い塗面♪ 一手間でしたね。愛着湧きそうだ。 

最初は色分けの重ね貼りでの立体感を考えたんですが、イマイチっぽいので、別々に成りました。

ロゴが3D調で良いですなぁ♪ 

オシャレ



右サイドはこんな感じ

スポンサーデカールステッカー風だと統一感も大事なだけに、こうした一辺倒じゃない辺りが良いですねぇ♪ 

全体画像は車両紹介ページを更改してあります。

有難う御座いました。


お次はホンダかカワサキか


 〒193-0824

 

東京都八王子市長房町714-1

(ナビ御使用時は、714で御越し頂けます)

     

携帯直通IP/050-3690-4173

 

E-Mail: mellow011134@gmail.com 

 

東京公安

308761102759号 

中川 鉄兵

営業時間


不定休

店舗外業務に出る事が御座いますので、お手数ですが御越しの際は一報をお願い致します。お気軽にどうぞ♪ 

 

車両出入り、クイック作業の無い時は、通り側シャッターを開けていません。 側道側入口より御立ち寄りください。