着々と


冷える日が増え、閉め切る時間も増えました。 


そんな中、着々と進んでいます。 (^_^)



綺麗なアール曲げ

複雑な曲線を確かな技術で有形化して貰えました。



吊り下げフェンダーの、ブレースステーです。

クーリーカラーのファクトリーフェンダーに合わせて設計

二次加工とクリアランス調整をして完成と成りますが、未だ先の話しかな、、、 ~_~;



カレイナットを用いて、スペーサーも兼務して貰いましょう作戦。 

黒いネジは、例のマイナスネジ♨︎ 



廃盤になって居ました。 (u_u) 

然るべきかな、、、



取り急ぎ分を脱色 (^_^) 



電装品プレートのレイアウトはこんな風に成ります。

MOSFETレギュレターと、ウオタニはちょいと距離を取りつつ ^ ^



一箇所はスタッド状にして、カワサキのバンドを使いまして



ハーネスクランプにします。 



こんな良く見たカバーも、いざとなると余り無い。

赤じゃ嫌だしね。形やサイズもね。 

無いのは時代背景も有る事ですか。 (^ ^:




熱整形して丁度になりました。

ターミナル保護が完結。 

点火の動画をオーナー様に送信して、先に進めました。



スズキのチェンジカムアーム(ギアシフトリンク)のセレーションって、昔から他メーカーと違う。 

何で? (*´-`)

ステップ屋さんはリンク作れないって話しで、大体は純正使い回し。



オフセットタイプを含む、各種シフトリンクを入手。

アルミ、鉄と、長さも違えて。

セッティングパーツですね。  (^-^)

純正のピロッドエンドは、新品でもクリアランスが大きい。

其れが万人向けな寛容的フィーリングと今では成り、大衆部品品質。

そんなタッチフィールが好きなヒトなら良いケド、、、。 

ウチのお客様には居ないのでは無いかと。 

と、言う事から加工に成りますな♨︎




純正新品が心許無い...

34号車に合わせましょう。 

コレまた規格的に少ないんですよ...  σ^_^; 

言う程でも無いかもだけど。 

大量に買わないとだったりする。

がしかし

直ぐに来る不思議。 

助かります。 






久しぶり! 

な、スズキレーシングファクトリーのブレーキキャリパー

カシマコートのピストンは、ワンオフ。

ミヤキさん元気かな。(^.^) 

自己潤滑性の有るカシマコートは長期使用に置いても安心です。 



若干腐食が有りシブい、旧スズキのP1.00山。

レーシングピッチ

としましょう。 

だいぶ減りましたが、私が鼻垂れてた頃は、未だ未だ市場車でも混在でした。



迷わずタッピング 

手先は緊張しますね。

変わりが無い物だから。

感触を頼りに。 ^ ^


スズキワークスフォークの、ANDFも1.00

流石っす。

とかとか、未だ未だ進んでいるんですが、画像貼るのが重いとか何だとかこの辺でまた。 



 〒193-0824

 

東京都八王子市長房町714-1

(ナビ御使用時は、714で御越し頂けます)

     

携帯直通IP/050-3690-4173

 

E-Mail: mellow011134@gmail.com 

 

東京公安

308761102759号 

中川 鉄兵

営業時間


不定休

店舗外業務に出る事が御座いますので、お手数ですが御越しの際は一報をお願い致します。お気軽にどうぞ♪ 

 

車両出入り、クイック作業の無い時は、通り側シャッターを開けていません。 側道側入口より御立ち寄りください。