最近の加工

 

クローフットや、オープンエンドとか言われる変なレンチが有ります。

 

主に四輪の整備で使う事の多いツールですね。

 

まぁ偶にしか出番無いんですけど、ちょこっとフライホイールとか、マグネットローターとか、つまんで置きたい時に使えるの良いよなぁ~...って。

 

スナップオンでも同意の物は出てるんですけど、柄が長いので使い難そうなんで。

 

 

 

と言う感じで、モンキーを切って、9.5㎜でフライスして、エクステロッキング出来る様にしました。

 

34㎜迄しか挟めませんがー♨ 笑

 

SST(特殊工具)の自作で御座います~

 

 

他所で組まれた流用フロント周りの乗り味が気に入らず、更に精度を上げる加工をトップブリッジに。

 

切削痕の有る、綺麗な面が加工箇所。

 

このメーカーのトップブリッジのステムシャフト保持部って、少しクリアランス広めなんですよね。

 

余談ながら、現行車のは、ガタと言う物なのでは?と言う位有る。

 

+流用改ですので、トップ厚、位置と、シャフト&ネジの関係性で、0.数ミリの隙間が生じて、其れがハンドリングに若干のガタ感を作ってました。

 

共振する様なステベアとは違う違和感です。

 

これを解消すべく、7㎜下方へ削り込む下方修正

 

フォーク保持部の高さも変わりますから、対象車には良い事づくめ

 

 

上側に、ステムシャフトのネジ部に当たる部位のクリアランス補正と、下側7㎜削った分の帳尻を合わせる為のスペーサーカラーを一体で作成圧入。

 

 

 

 

キーボックスは、ベース車用を加工して付けて有るのです。 

 

トップ位置の下方化により、キーボックスマウントも同時に位置がズレますので、取付け座面を同様にフライス加工

 

撮影後、根本の汚らしい干渉部位加工も、手作業で修正しました。

 

 

 

そうすると、キーシリンダーの上部がリングに当たるのです。

 

丸っと切ってしまうとチョットダサそうでしたので、ここも裏側を切削加工して帳尻を合わせるのでした。

 

こうして出来たトップ周りにプラスで、走り始めて直ぐにイカレたホイールベアリング...放置歴車の怖いトコロです。走行前の事前チェックでは問題無かったですのでね...。そんなベアリング交換を追加し、フロントガタ感が全て解消。 底付したバネの悲鳴が聞こえるので、フォークのインナースプリングをハードな物へ交換、減衰バルブを追加し、ベースセットが出来ました。 試運転結果は良さげ♪ もうチョイ詰められそうです。

 

 

 

 

 〒193-0824

 

東京都八王子市長房町714-1

(ナビ御使用時は、〜714で目前地へ御越し頂けます)

     

TEL 050-3690-4173

 

東京公安

308761102759号 

中川 鉄兵

営業時間


不定休

店舗外業務に出る事が御座いますので、お手数ですが御越しの際は一報をお願い致します。お気軽にどうぞ♪ 

 

車両出入り、クイック作業の無い時は、通り側シャッターを開けていません。 側道側入口より御立ち寄りください。